つら~~い腰痛!!どうしたらよくなるの?

どうして腰痛になるの?

多くの人が抱えている、腰痛!なったことのない人しかこの痛み、辛さ分からないですよね。腰痛になったことのないという人も多いですよね。どうして、腰痛は起こるのでしょうか。原因は、人それぞれ異なりますが、姿勢が悪かったり、急に重いものをもつ、加齢や運動不足からの腰の筋肉の低下、内臓などの病気があると言われています。病気では、防ぐことが出来ないですが他のことでは日常生活を気にしていれば腰痛にならないことも出来るかもしれませんね。

腰痛を予防するにはどうすればいい?

まず、正しい姿勢でいることが大切です。猫背だったり、イスに座っている場合背もたれに寄りかかっていると腰に負担がかかりやすくなってしまいますね。背筋を伸ばし、あごをひいて立ったり座ったりして正しい姿勢を保つことが大事です。一度自分がどんな姿勢でいるか鏡や写真に写して貰って客観的に知る事も大切ですね。長時間同じ姿勢でいる時は、姿勢も崩しやすくなるので適度にストレッチするとよいですね。また、重いものを持つときは一気に持ち上げるのではなく、ゆっくり持ち上げたり動くことで腰や体に負担をかけずにすみます。

簡単に腰痛の痛みなくならない?

予防していても、腰痛になってしまいますよね。整体に行く時間もお金もなかなかない、という人が多いかと思います。自分で、簡単に痛みが軽くなる方法があるのです!それは、お尻をもむことなのです。腰痛にお尻?と疑問に思う人もいると思いますが深い関係があるのです。デスクワークなどで長時間座っている人はお尻の筋肉が固くなり、この部分が強い張り痛みを感じるのです。お尻の脇辺りを手の平で強めに押して筋肉を揉みこんでいきます。最初は痛みを感じるかもしれませんが、揉むと多くの人が軽くなったと効果があったといっています。自分に手軽に出来る方法なので、まずは試してみて下さいね。

鍼灸は肩こりや腰痛のような肉体の痛みから自律神経失調症や更年期障害など神経の症状も改善が目指せます。