国際交流の場で活躍するために積んでおくべき経験

英語を基本にした経験の必要

国際化社会となった今日の世の中では国際交流の場がいつ訪れるかわからない状況にあります。そういった場で活躍できるようになるためには英語を操れることが必要です。英会話が円滑にできることを前提としてできる経験をある程度積んでおくことが国際交流の場で動じないためには不可欠なものです。そのため、時間がある間に英会話が必要とされる場でコミュニケーションの経験を積めるように積極的に世界に飛び出してみることが大切になります。

時間がある学生のうちに留学

海外での経験をする上ではある程度の時間があって生活できるということが大切です。その最も単純で効果的な方法は時間がある学生の間に留学経験をするという方法です。語学留学でも大学留学でも構わないでしょう。数ヶ月から年単位での留学経験を積めば国際社会に出ても何の違和感も感じることなく人々と交流することができるようになります。そういった経験を積んで国際交流というのが当然と感じられるようになるのが理想的な経験の積み方です。

短期間で密度の高い経験を積む

留学のようにある程度の時間がなければならないものに比べて、短期間でも充実させられる機会が得られればそれだけ身に沁みる経験が得られるでしょう。そういったものは多数あり、ボランティア活動やインターンシップ、ホームステイやワーキングホリデイといった多様な選択肢があります。一週間から数ヶ月程度の滞在であっても旅行と違ってコミュニケーションを積極的に取る必要があることから世界に馴染んでいくことが容易です。こういった経験もまた国際交流の場ハードルを下げるのに役立つでしょう。

カンボジアからの実習生は、素朴で勤勉、そして従順な性格の方が多いです。また年配の人を敬う点や気配りを怠らない点等、日本人と似ている点も多く価値観を共有できることでしょう。