勘違いしていませんか?自己破産のメリットとデメリット

自己破産のデメリットは意外に少ない?

自己破産をすると、会社をクビになるとか、戸籍に記載されて一生残るとかいった噂が流れていますが、本当はこのようなデメリットはありません。自己破産は借金を返済できなくなってどうしようもなくなった人が「人生を再スタート」するための制度なので、会社をクビになったり自己破産をしたことで就職で差別を受けたりしたら再スタートどころではなくなります。自己破産をすると、資産をすべて手放す代わりに借金をすべて帳消しにできます。資産をすべて手放すといっても、生活に必要な家具や家電、年数が経過して資産価値のなくなった自動車などは保有できます。保証人としての義務も含めて借金をすべて帳消しにできるというメリットが非常に大きく、その他のデメリットといえば、ブラックリストに載るために5年から10年はクレジットカードやローンの審査に通らなくなることくらいになります。

自己破産以外の方法は?

借金の返済に困った人がとる手段として、自己破産の他に任意整理、民事再生などがあります。任意整理を依頼すると、弁護士が金融機関と交渉し、過払い金を取り戻したり利子を減額(高い可能性で利子がゼロになります)して借金の負担を減らしてくれます。任意整理では減らせるのは利子だけですが、民事再生では元本も大幅に減らせるのが特徴です。任意整理をしただけではまだ借金の返済が難しく、自己破産という手段をとりたくない場合にするのが民事再生です。民事再生では住宅ローン債務は減らせませんが、住宅ローン以外の借金を減額することで毎月の返済の負担が減り、家を手放さなくてもすむ場合があります。

自己破産とブラックリストの関係

自己破産をすると、個人信用情報機関にそのことが記録され、いわゆるブラックリストに載った状態になります。この個人信用情報は一般人が見ることはできませんので、だれかに知られる心配はありません。しかし金融機関は融資の申し込みを受けると必ずこの個人信用情報を照会しますので、およそ5年から10年の間は銀行カードローンやクレジットカードの審査に通らなくなります。クレジットカードが使えないのは不便ですが、プリペイドカードやデビットカードなどは問題なく持てるので、それらをクレジットカードの代替品として使うとよいと思います。また携帯分割払いの契約もローンの一種ですので、携帯を分割払いで購入することが難しくなります。

自己破産は借金が0になりますが、所有する資産も全て無くなってしまうので、よく考えて手続きを行うのが最適です。