弁護士になるために必要な司法試験合格のルート

一番メジャーなのが法学部から法科大学院へ

弁護士になるためには司法試験に合格し、司法修習を修了しなくてはなりません。そして、司法試験の受験資格を得るための最もポピュラーな方法は大学の法学部を卒業し、法科大学院に入学することです。法科大学院は2年制の大学院でそこを卒業することで司法試験の受験資格が得られます。なお各法科大学院の司法試験合格率には大きな差がありますので、できれば合格率の高い法科大学院に進学するようにしましょう。司法試験合格者数も減らされることが決定しましたので特に注意しましょう。

大学の法学部じゃなくても法科大学院に入学できる

弁護士というと大学の法学部に入学しなくてはならないのではと思っているかたも多いでしょう。しかしながら人材の多様化という観点から大学の法学部を卒業していなくても、法科大学院に入学できる方法があります。それは未習と呼ばれる過程のある法科大学院で3年制の大学院になっています。一度社会人を経験した人など多様な人達が入学しています。もっとも、司法試験の合格率は2年制の法科大学院に比較して低い場合が多いのできちんとした対策が必要になります。

なんと!大学にいっていなくても弁護士になれる

今最も注目されているのが、法科大学院に入学しなくても弁護士になれるという方法です。法科大学院に入学すると学費がかかってしまいますし、司法修習もかつてのように給料がでなくなりました。そこで、法科大学院にいかなくても弁護士になれるという予備試験という制度を使うのです。予備試験は大学を卒業していなくても受験できますし、予備試験に合格することで司法試験の受験資格を得ることができます。もちろん予備試験の難易度が極めて高いですが難関を突破したということで、予備試験合格者は就職でも優遇されるほどなのです。

弁護士保険とは、日常生活において被害事故に遭った場合、弁護士を依頼する費用を補償してくれる保険です。