将来に向けて備えよう!資産運用の方法について

まだまだ上がる?株式投資

資産運用の代表格である株式投資は、将来性のある会社や安定性のある会社の株式を購入することで、資産を増やしたり、その会社に貢献できたりする醍醐味があると言えるでしょう。配当金がある会社の株式を保有しているだけで、毎年一定の金額を受け取れますので、年金代わりとしても旨みがありますよね。株式相場にはトレンドがありますが、しっかりと銘柄を選択することで、どのような局面でも安定して利益を出すことも可能です。

配当金が年金代わり!投資信託

投資信託とは、複数の株式や債券などがセットになった金融商品であり、ファンドマネージャーにより銘柄の入れ替えなどが行われ、長期的に運用していくという特徴があります。最近は少額投資非課税制度を活用すると、毎月の配当金や売買利益の税金が非課税となるメリットもありますので、こういった制度をうまく活用して資産運用にも弾みを付けたいところですね。配当金を自動で再投資するインデックスファンドなども有効な投資信託ですよ。

年金は個人で作る!確定拠出年金

サラリーマンの方は、会社の年金だけでは収入面で不安になりますよね。確定拠出年金の制度を利用すれば、毎月定額の掛け金で年金の財源として運用し、さらに毎月の掛け金は年末調整で還付されますので、効率的に年金額を増やすことができます。会社によっては企業年金と確定拠出年金の二本立てになっている場合もあり、今後は個人で年金を確保することが当たり前の時代になるかもしれません。確定拠出年金は、公的年金を需給できるまでの繋ぎとなる重要なものと言えるでしょう。

不景気な世の中では金の需要性が増し、価格が変動しがちです。もし、金の先物取引をしたいのならば、専門業者のサービスを活用してみると良いでしょう。