こんなやり方がある!資産運用に必要な投資のコツ3選

指標に連動するETFに投資をする

NISA制度が始まり、日本の株式相場も良くなってきたため預貯金以外の資産運用を考え始めたという人が多くなってきているようです。資産運用の方法はたくさんありますが、その中でも分かり易く効果的だと思われる投資法を3つ挙げました。最初はETFへの投資です。ETFは上場投資信託と呼ばれている金融商品ですが、指標等に連動した投資信託を、まるで個別株のように売買できます。手数料も安いですし通常の投資信託と比較すると市場が開いている時にその時の時価で売却できるというメリットがあります。

定期的な分配金を得ることを重視してREITに投資

資産運用方法の二つ目はREITへの投資です。NISA制度は投資で利益を得た場合に節税の効果が期待できる制度ですが、逆に損をしてしまうとNISAで運用しない方が良かった結果になるという性質を持っています。そのため、できる限り利益を確実に得て節税したいと考える場合は、定期的に配当金や分配金をもらえる金融商品に投資をするのがいいでしょう。その代表格となるのがJ-REITではないでしょうか。REITは不動産に投資する投資信託のことで、賃貸料が収益原となります。

投資信託を自分で組み合わせて運用コストを節約する

ある程度の資金を投資する場合には分散投資した方がいいと言われますが、その時に参考になるのが三つ目の投資手法です。自分で投資銘柄を選んで分散投資をしていくのは大変ですし、選んだものが自分が思っているリスク低減効果を生むかどうかは自信がないという人も多いでしょう。そういった場合には、自分と同じようなコンセプトの投資信託の投資対象と投資割合を参考にするという方法があります。まったく同じにする必要はありませんが、自分なりに変更する前の土台として大いに参考になるでしょう。

ガソリンの先物とは、直接ガソリンを現物として取引せずに売買する金融商品です。定めた期日で決まった金額で売買できる権利のようなものです。