そもそも信用取引って何?信用取引の基本情報

より多くの取引ができる

信用取引って聞いたことあるけどいったい何のことなのかわからないという人も多いでしょう。信用取引というのは、その名の通り、信用の名のもとに行われる取引のことであり、持っている資本金よりも多い額の取引ができる株式投資のことを言います。自分の資本金や株式を担保にかけることによって、自分の現在のキャパシティー以上の株式取引ができるようになり、より大きな利益を見込むことができるのです。少ない資金で多くの取引ができれば、利益を増やしやすいですよね。信用取引はそのための取引方法なのです。

株価が下がっている時でも利益が出せる

一般的な株式投資では、株価が下がれば損をしてしまいますよね。だから株が安いときに株を買っておいて、株が上がったら売ることによって、その差額で儲けるのが一般的な株式投資です。しかし信用取引というのは、たとえ株価が下がってしまっても、利益を上げることが可能な株式投資なのです。信用取引ではそもそも自分で株を購入するのではなく、証券会社から株を借りている状態です。そこで株価が下がったところで株を買い戻して、さらにその株を証券会社に返すと、そこに差額が生まれそれがそのまま利益になるのです。

株主優待を得ることができる

信用取引のもう一つのメリットとしては、株主優待をお得に獲得できるということです。株主優待というのは、株の所有者にその企業の商品割引や無料券などを配布する制度で、要するに株を持っているだけで割安でその企業のサービスを受けられるということです。信用取引では、株の売買手数料と信用取引の金利を支払うだけで株主優待をお得に獲得することができるので、一般の株式投資よりリスクも低く、安定的に利益を上げることができるというメリットがあるんですね。

信用取引とは、投資家を信用することにより、投資家の自己資金以上の注文をして株や商品などの取引することを指します。