争わなくて済む遺産相続の仕方があるのか?

事前に確認する事とは?

争わない為に親が生きているうちに家族で集まって確認しておくか、エンディングノートを予め記入してもらい兄弟姉妹で認知しておきます。面倒だし、親が元気なうちは必要ないと思うかもしれませんが延命治療を望んでいるのか・兄弟姉妹以外に隠し子など分割協議が必要な対象がいるかなど重要なポイントが多くあります。エンディングノートに記載漏れや兄弟姉妹で不服に思う者が出るかもしれませんので変に期待する前に確認しておきます。

遺産相続協議で重要なポイントは?

協議に参加するメンバーを選出しておきます。兄弟姉妹以外に介護をした嫁・世話になった親戚なども参加してもらい労いも込めて協議し兄弟姉妹以外を決して「部外者」扱いしない事です。同居などで土地建物などを兄が独り占めする事になったとしても都市部以外は価値がある土地建物は少ないですから欲をかかず、現金なども平等ではなく後々の法要・墓守など費用を考慮してから平等に分割します。法の上では全て平等ですが気持ちよく今後も付き合うなら当然です。

分けられない遺産をどうするのか?

分けられない遺産(土地・建物など)をどうするかで揉めるケースが多いですが、分けられない遺産を相続する人が他の相続人に代償分割として現金を渡す例もあります。ただ地価などで表示されている金額で必ずしも売れるとは限らず価値が資産目録通りとは限りません。共有で全員名義にする手もありますがいざ売るにしても手続きなど問題が発生しやすいので勧めません。「どう残したいのか」親の意向を事前に確認するのも大事で良いアイデアがあるかもしれません。

遺産相続とは、大切な人の死後、その人が持っていた資産を分配することを言います。生前に遺書を書いてもらうと、無駄に争わずに済みます。