資産運用をする場合に理解しておきたい特定口座の特徴

証券会社で口座を開く時には一般口座と特定口座がある

資産運用をするために金融商品を購入しようとする場合は、証券会社に口座を開設する必要があります。外国資産への投資を行う場合にはそれ専用の口座が別途必要ですが、多くの場合、一般口座と特定口座を作ることになるでしょう。そして、ほとんどは特定口座で取引をするのが便利です。特定口座は、証券会社がその人の一年間の取引内容をまとめてくれて、年明けに一表にして送ってくれます。これを添付することで確定申告が楽になるでしょう。

複数の証券会社で特定口座を開く場合の注意点

特定口座は証券会社ごとに一つ開設することができます。人によっては、頻繁に売買するためにネット証券で取引をし、それ以外は大手の証券会社を使うというように複数の証券会社を使っているケースもあるでしょう。そういった場合の注意点は、確定申告時に自分で合算する必要があるということです。一つの特定口座で通算で売却損であっても、もう一つの口座が売却益であれば、自ら合算計算して確定申告をすることで損益通算ができるのです。

特定口座は源泉徴収がありとなしの二種類がある

特定口座を選択した場合、もう一つ選ぶ必要があるのが、源泉徴収ありのオプションを選ぶかどうかという点です。源泉徴収ありのタイプを選ぶことにより、証券会社が必要な税金を都度源泉徴収してくれるため、確定申告をする必要がなくなるというメリットがあります。これは便利なサービスでしょう。ただし、年間通じて損だった場合は、損失の繰り越し控除をするために確定申告することを考える必要があるでしょう。損失の繰り越し控除は自動的にやってもらえませんので、自分で申告をする必要があります。

各証券会社で提供されているファンドラップですが、安心して運用してもらえる証券会社を選ぶことが利益を安定させるポイントになるので、妥協せずにじっくりと検討してください。