気を付けよう!初対面の人と話す時の会話マナー

血液型を訊いて性格を判断すること

初対面の人と話す時には、分からないことだらけで、色々なことを訊きながら話をするものですが、うっかりしていると余計なことを訊いてしまうことがありますので注意が必要です。よくあるものですと、女性に年齢を訊く、と言うものがありますが、男女ともに気を付けたいのが血液型です。血液型を訊いて「ということは、神経質なんですね」と言った感じで、相手の印象を安易に決めるような姿に抵抗感を覚える人もいます。変に血液型に固執したトークは気を付けた方が良いです。

仕事に関することを話す場合

相手の職業が気になった場合に、何の仕事をしているのか訊くことはよくありますが、大して仲良くなってもいない段階で、収入のことまで訊くのは、踏み込み過ぎと言えます。また、職業や年収が分かった時に「それで食べて行けるんですか」と言った物言いをするのも好ましいことではありません。心配されたところで何にもならず、余計なお世話でしかありません。ポイントは、興味本位で無遠慮に話をしないようにするということです。

住んでいる場所の訊き方に気を付ける

初対面の人との一般的な会話に、どこに住んでいるかを訊くと言うものがあります。ちょっとしたことではありますが、訊き方が良くないと不快感を与えてしまうこともあります。例えば、異性と話し始めて間もない段階で、どこに住んでいるのかを細かく訊くような姿勢を好ましく思わない人もいるでしょう。街の名前ぐらいならまだしも、まだ心を許していない相手に、細かな住所までは伝えたくないと言う人もいます。また「アパートの家賃とか大変じゃないですか」と言った決めつけ質問をする人がいますが、マンションなどで余裕のある生活をしているかもしれないわけですから、勝手な思い込みで話をしないように気を付けたいところです。

就業規則とは、従業員が労働を行う際に適用される条件やルールを定めるものです。労働者を10人以上使う者に作成の義務が課されます。