ポイントは3つある!火災保険に加入時に知っておきたい基本

火災保険は複数入っても意味がない

一戸建てでもマンションでも、持ち家の立場になったら自分の財産を守ることを考える必要があります。建物部分には火災保険を掛けることで多くのリスクに備えることができますが、火災保険に加入する際に知っておきたい基本ポイントが3つあります。一つ目が、複数の火災保険に加入しても意味がないということです。生命保険であれば、いくつかけていても保険事故の発生によりそれぞれの保険金を重複して受け取れますが、火災保険の場合は損害額までしかもらえないので、いくつも保険に入る意味はないでしょう。

火災保険は長期割引がお得

もう一つのポイントは、保険料の支払いの方法を変えるだけで保険料が安くなることでしょう。住宅ローンの借り入れの際、長期割引にしたという人も多いと思いますが、中には月払いにしている人もいるでしょう。貯金がまったくゼロというのであればそれもやむを得ませんが、預金がある人であれば年払い、もしくは長期払いにすることによって預金利息よりも非常に有利な割引を受けることができます。預金に余裕があれば長期払いを検討してみるといいでしょう。

火災保険と地震保険はセット

火災保険の基本の3つ目のポイントは、地震保険との関係です。近年は地震による建物倒壊リスクへの関心が高まっていますので、地震保険への加入を検討する人も増えているようですし、実際に加入率も上がっています。ただし、火災保険はいらないけど地震保険だけ入りたいということは認められていません。必ずセットで加入する必要があることは理解しておくべきでしょう。地震保険の保険料は、保険会社による違いはありませんので、保険会社の選択は火災保険の違いから決めるのがいいでしょう。

さまざまな保証がついていますので、火災保険に興味を持つ人が増えていますが、あらゆる保険会社を比較することが大事です。